コレステロールは必要

軽食altpage

コレステロールと聞くと、何か悪いものだというイメージをお持ちの方が多いようです。しかしコレステロールは人体になくてはならないものです。筋肉を作るためのホルモンの原料となったり、細胞膜を作ったり、胆汁酸の原料となります。 コレステロールには善玉と悪玉があります。善玉コレステロールをhdlコレステロールと呼び、悪玉コレステロールをldlコレステロールと呼びます。hdlコレステロールは体内に蓄積された余分なコレステロールを排出する働きがあります。ldlコレステロールはコレステロールを供給する役割があります。しかし供給過剰になると血管に溜まってしまいます。これが動脈硬化を進行させます。動脈硬化は自覚症状のない恐ろしい病気です。ldlコレステロールが悪玉と言われる所以です。

ldlコレステロール値が140mg/dl以上であれば治療が必要です。正常値を超えていた場合には、適度な運動を取り入れたり食事を見直す必要があります。コレステロールの多い食品を避けるのはもちろんですが、コレステロールを上昇させる食品にも気をつけなければなりません。コレステロールは食物からだけではなく、体内で合成することができるからです。体内のコレステロールを増やしやすい食品は飽和脂肪酸です。脂身の肉や加工食品などに多く含まれます。逆にコレステロールを下げる食品もあります。不飽和脂肪酸です。大豆製品や野菜などに含まれます。 これらのことに注意しながら、バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。それでもldlコレステロール値が改善されない場合は薬物療法が必要です。